Journal fait a moitié

日々見聞きしたことの記録

杉浦日向子「杉浦日向子の食・道・楽」

晩年の作品。呑兵衛話の合間に挟まる病の話が切ない。 杉浦日向子の食・道・楽 (新潮文庫) 作者: 杉浦日向子 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2009/03/02 メディア: 文庫 購入: 2人 クリック: 10回 この商品を含むブログ (8件) を見る

穂村弘「君がいない夜のごはん」

最近読書をサボっていたので軽い本から肩慣らし。穂村さんの言葉の選び方はリズミカルなので読んでいて心地よい。 君がいない夜のごはん 作者: 穂村弘, 出版社/メーカー: NHK出版 発売日: 2011/05/25 メディア: 単行本 購入: 3人 クリック: 75回 この商品を…

ピエール・コフィン/カイル・バルダ「ミニオンズ」

ボブが完全に幼児のそれ。 ストーリーは怪盗グルーの方が好きです。ミニオンズ ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]出版社/メーカー: NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン発売日: 2015/12/02メディア: Blu-rayこの商品を含むブログ (5件) を見る

村上龍「69 sixty nine」

69 sixty nine (文春文庫)作者: 村上龍出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2007/08メディア: 文庫購入: 5人 クリック: 60回この商品を含むブログ (35件) を見る

羽田圭介「メタモルフォシス」

帰国のお供に。一話目の続きが読みたいな。メタモルフォシス (新潮文庫)作者: 羽田圭介出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2015/10/28メディア: 文庫この商品を含むブログ (1件) を見る

西加奈子「地下の鳩」

ベターっとした生っぽい描写。一言で言えば済むことを、あえて一言で書かないようにするという表現が、とても興味深くて面白かったです。至極個人的な話からこれまでたくさん描かれてきた夜の街を深堀りできるのも面白いです。 地下の鳩 (文春文庫)作者: 西…

三島由紀夫「金閣寺」

金閣寺 (新潮文庫)作者: 三島由紀夫出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2003/05メディア: 文庫購入: 16人 クリック: 291回この商品を含むブログ (392件) を見る

SAKEROCK「SAYONARA」

マリンバのコロコロした音が心地よくて気に入ってる。これ、DVDほしいなー。SAYONARAアーティスト: SAKEROCK出版社/メーカー: カクバリズム発売日: 2015/04/08メディア: CDこの商品を含むブログ (8件) を見る

在日ファンク「連絡」

今夜のBGM。肝心なもんか!連絡アーティスト: 在日ファンク出版社/メーカー: Pヴァイン・レコード発売日: 2012/10/03メディア: CD購入: 1人 クリック: 1回この商品を含むブログ (2件) を見る

谷崎潤一郎「春琴抄」

針で目を突く描写を読むと目を閉じてしまって読み進められないという…春琴抄 (新潮文庫)作者: 谷崎潤一郎出版社/メーカー: 新潮社発売日: 1951/02/02メディア: 文庫購入: 10人 クリック: 115回この商品を含むブログ (188件) を見る

オリヴァー・パーカー/バーナビー・トンプソン「聖トリニアンズ女学園2」

名前がAVみたいだけども、そんなことはなく!TLで見かけて気になったのでレンタル。最初から最後までギャルがきゃーきゃーするだけ。それだけ。とはいえ、足が長くてスタイルが良いので目の保養になりました…!聖トリニアンズ女学院2 (不良女子校生たちの最…

木崎文智「BEYONETTA Bloody Fate」

宇宙空間に三角木馬…!ゲームやり損ねたのでストーリーだけ知りたくてレンタルしたのですが、神と悪魔とかもう厨二設定たまらん!という感じです。背景の建物が豪華なのがいい。BAYONETTA Bloody Fate 通常版[Blu-ray]出版社/メーカー: エイベックス・ピクチ…

ロブ・マーシャル「シカゴ」

絶対好きなやつだーと思って見るの楽しみにしていました。案の定!もー!ドレスのドレープとダンスだけでうっとりしちゃう!風刺コメディって面白いからもっと見たいなとか。シカゴ [Blu-ray]出版社/メーカー: ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメン…

スーパーカー「Futurama」

本日のBGM。Futuramaアーティスト: スーパーカー,石渡淳治出版社/メーカー: キューンミュージック発売日: 2000/11/22メディア: CD購入: 1人 クリック: 41回この商品を含むブログ (185件) を見る

村上龍「2days 4girls」

私また人が打たれる本を読んでいる…後半が難しかったから後ほど読み直す。2days 4girls (集英社文庫)作者: 村上龍出版社/メーカー: 集英社発売日: 2006/05メディア: 文庫 クリック: 4回この商品を含むブログ (20件) を見る

伊藤計劃×円城塔「屍者の帝国」

この作品の序章を綴ったエンターテイナーから二度と文字が紡がれないことが悲しいと思いつつ。屍者の帝国 (河出文庫)作者: 伊藤計劃,円城塔出版社/メーカー: 河出書房新社発売日: 2014/11/06メディア: 文庫この商品を含むブログ (10件) を見る

谷崎潤一郎「刺青・秘密」

「秘密」も好きだけど、「少年」も割と面白かったからまた読み返したい。今まであんまり読んできてなかったから他のも読もう。刺青・秘密作者: 谷崎潤一郎出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2013/08/09メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る

伊藤計劃「ハーモニー」

北海道遠征のお供にということで、再読。ハーモニー (ハヤカワ文庫JA)作者: 伊藤計劃出版社/メーカー: 早川書房発売日: 2010/12/08メディア: 文庫購入: 28人 クリック: 406回この商品を含むブログ (259件) を見る

曖昧☆美少女アート展

twitterに書くと長くなりそうなので、ひとまず今日の感想を。・曖昧☆美少女アート展はこまのり(@komanori00)さんのtwitterきっかけで行くことに。 ・インターネットで見るより写真はパネルで見た方がずっと綺麗だし記憶に残る。細かな焦点の当て方とか構図と…

えすとえむ「IPPO」

えすとえむさんって足に対して結構こだわりがある気がしてるのですが、今回の作品でそのままストレートに出てるなって思ってます。末期ガンのおじいさんが靴を直しに来る話で、結婚式の時に作った靴を一生大事に履いてきたというところにぐっと惹かれました…

モーリス・ルブラン「ルパン対ホームズ」

…なんだ、キャッキャウフフ小説か…。物語に出てくる改造した建物、実際にあったら面白いですね。ルパン対ホームズ (新潮文庫―ルパン傑作集)作者: モーリス・ルブラン,堀口大学出版社/メーカー: 新潮社発売日: 1960/06/07メディア: 文庫この商品を含むブログ …

河本ほむら「賭ケグルイ」

髪の綺麗な女の子がギャンブル狂なんていう設定の漫画とか、読むわけないだろ!読まないぞ!…読みました。思えば最初から素直に買えばよかったんですよ。続きが楽しみです。賭ケグルイ(1) (ガンガンコミックスJOKER)作者: 河本ほむら,尚村透出版社/メーカー:…

五十嵐麻理「ネオ・ヴィクトリアンスタイルDIYブック」

これを読んでいて、自分はいつか、こういう部屋に住みたいんだなって思った。でも、シャーロキアンなわけではないのでもっとお耽美な感じにしたいですね。妄想が広がります。ネオ・ヴィクトリアンスタイルDIYブック (-ホームズの部屋・スチームパンク室内装…

杉本彩「インモラル」

暇つぶしにさくっと。面白いかどうかは、ご自身の判断で確かめてほしいですね…(つまらないと思ったことはあまり書きたくない)インモラル作者: 杉本彩出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2005/02/23メディア: 単行本この商品を含むブログ (11件) を見る

手塚治虫「ばるぼら」

舞台となった頃の新宿の描写や全体を通して続く耽美主義の作家がおかしくなっていく様とかすごく面白かった。図書館で見つけて試しに借りてみるか、と思ったけど、これは自室の本棚に置いておきたい。買いなおそうかなあ。ばるぼら 1作者: 手塚治虫出版社/メ…

大槻ケンヂ「リンダリンダラバーソール」

あのバンドもこのバンドもみんな昔は若かった!!!!リンダリンダラバーソール (新潮文庫)作者: 大槻ケンヂ出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2006/08/29メディア: 文庫購入: 3人 クリック: 20回この商品を含むブログ (69件) を見る

CHARA「脳みそGOODハッピー」

さくっとエッセイを。結構CHARAの曲が好きだなーと思って、CDちまちま買ったりしていますが。90年代って随分遠くなっちゃったね。のうみそGOODハッピー (角川文庫)作者: CHARA出版社/メーカー: 角川書店発売日: 1999/06メディア: 文庫購入: 1人 クリック: 3…

レオポルト・フォンザッハー=マゾッホ「聖母」

ガチ恋と崇拝。キリスト教の国ではこういうのは珍しいのでしょうか。聖母作者: レオポルト・フォンザッハー=マゾッホ,Leopold von Sacher‐Masoch,藤川芳朗出版社/メーカー: 中央公論新社発売日: 2005/10メディア: 単行本 クリック: 13回この商品を含むブログ…

矢部嵩「少女庭国」

ページを捲る感覚と扉を開け続ける展開の境界がだんだんわからなくなってきたところに、人がバタバタ死ぬので読み終わった結果、ぐったりしました。。。エネルギー使った。。。〔少女庭国〕 (ハヤカワSFシリーズJコレクション)作者: 矢部嵩出版社/メーカー: …

江戸川乱歩「黒蜥蜴」

江戸川乱歩に着手。さくっと読めていいですね。時々説明っぽい節が入るのが面白いなあと思って読みました。黒蜥蜴にはもうちょっと頑張って欲しかったです。(明智に先を読まれまくっていて、結局踊らせている感が否めない?)黒蜥蜴 江戸川乱歩ベストセレク…