Journal fait a moitié

日々見聞きしたことの記録

辻村深月「凍りのくじら」

喪失と救済。人間関係の対比がピシッとしてて教科書みたい。あとこれ読んでて私ドラえもんってほんと触れて来なかったんだな…って実感した。それにしても辻村さんの書く男子のイケメンぶりったら…。

凍りのくじら (講談社ノベルス)

凍りのくじら (講談社ノベルス)